糖尿病と食事の知識

糖尿病食は通販でも買える!おすすめのレトルト商品は?

糖尿病になると一番大切なのは食事です。毎日栄養バランスやカロリーに気を配った食事を作るというのは本当に大変ですよね。

日頃はきちんと作っていても、体調の悪い時や忙しい時などどうしても作ることが出来ない時もあると思います。そんな時はレトルトの糖尿病食を常備しておくと便利ですよ。おすすめのレトルト商品を紹介しますので参考にしてみてください。

糖尿病食のレトルトって必要?

糖尿病食は

  • 栄養バランス
  • カロリー

に気をつけて作らなくてはいけません。

それほど難しく考えることではありませんが、毎日となるとなかなか大変ですよね。体調が悪い時や忙しい時などきちんと作れない時もあると思います。あまり無理をしてもストレスになってしまいます。毎日のことですから、負担になりすぎないようにしたいですよね。

そんな時に、糖尿病食のレトルトを常備しておくと便利です。健康な人でも一般的なレトルト食品を常備している人は多いのではないでしょうか。

ですが一般的なレトルト食品は糖尿病の方にあまりおすすめできません。栄養バランスが悪く、カロリーが高いものも多いからです。

忙しい時などについつい食べてしまって罪悪感を抱く人もいるのではないでしょうか。そんな方にこそ、糖尿病食のレトルトを常備しておいてほしいです。

一般的なレトルト食品と同様、湯煎などで温めるだけで簡単に食べることが出来ます。そして、栄養バランスやカロリーはばっちりなので罪悪感もないですよ。

通販で買えるおすすめのレトルト

続いて、糖尿病食として利用できるおすすめの商品をご紹介しますね。すべて通販で購入可能ですよ。

ニチレイ カロリーセレクト




冷凍食品メーカーのニチレイでも糖尿病食として利用できるレトルト商品が販売されています。左のサイドバー『ヘルシー食品』のカテゴリにある『カロリーセレクト』が対象商品です。

スマホだと…

ハンバーグ、麻婆豆腐、2種類のスープがあります。ハンバーグ、麻婆豆腐は200kcal以下、スープは130kcal以下です。これに出来合いのサラダとご飯を足すだけで十分な食事になりますよね。

超レトルト宣言

こちらはミートボール、さつま揚げと大根の煮物、鶏肉のトマト煮、かぼちゃ煮の4種類があります。ミートボールは120kcal、その他は80kcalと低カロリーです。

そしてこちらの商品は常温で5年保存できます。ですから忙しい時のためだけでなく、いざという時の非常食にもなるんです。糖尿病食の非常食というのは珍しいですよね。

おかず膳

こちらは特に糖尿病食という訳ではないのですが、主菜とスープまたは副菜を1セットにしたおかずのセットです。カロリーが低めなので糖尿病の方でも利用できます。カロリーはおかずによってまちまちですが、100gのご飯と併せてだいたい400~600kcalです。

21食違うおかずが楽しめるというのもポイントです。ただし、ご紹介したほかの商品に比べると塩分が高いです。塩分制限もある方は避けましょう。

100kcalシリーズ

こちらは100kcalのカレー、丼、パスタソースの通販です。別売りで低糖質のこんにゃく麺、マンナンご飯も販売していますよ。糖尿病になると中々丼物や麺類は食べられませんが、この組み合わせならカロリーも糖質も低いので食べられます。

ただし、野菜はほとんど入っていないのでサラダや具だくさんのスープなどと併せて食べることをおすすめします。こればっかりになってしまうと栄養バランスはよくありませんが、たまに息抜きも兼ねて食べるのにはいいと思いますよ。

和風デリカ15袋セット

こちらも糖尿病食という訳ではないのですが、野菜たっぷりで低カロリーのおかずのレトルトです。カロリーは89kcalから169kcalですので組み合わせて食べてください。

今までご紹介したハンバーグや麺類など他のおかずと組み合わせるのもおすすめです。常温で90日間保存できるレトルト食品です。

糖尿病食の宅配を利用するという手も!

糖尿病食の常備食はレトルトの他に宅配食を利用するという手もあります。宅配食というと定期的に利用するイメージがあるかもしれません。ですが、その都度注文ができるものも多いので通販感覚で利用できます。

糖尿病食のレトルトはおかず1品もしくは2品のセットです。ですが宅配食はだいたいおかず3品以上のセットになっているのでカロリーや栄養の計算がまったく必要ないんです。中にはご飯付きの商品もあるので温めるだけで食べられますよ!

レトルトは常温保存できますが、宅配食は冷凍の商品がほとんどです。冷凍庫の場所を取るというデメリットはあります。ですが、おかずの組み合わせを考える必要もなく、レトルトよりもさらに手軽に取り入れられるのではないでしょうか?
TOPページへ

まとめ

普段は自宅で糖尿病食を作っているという人も、いざという時のためにレトルトや宅配食などをストックしておくことをおすすめします。疲れている時や体調が悪い時にも無理して食事を作り続けているとストレスになりかねません。ずっと続くことですので無理せずに続けられるようにしましょう。

糖尿病食として使えるレトルトは通販で販売されていますよ!宅配食は定期的に続けるイメージがあるかもしれませんが1回ごとの注文も可能です。

レトルトと宅配食の違いはまとめると以下の通りです。

<レトルト>

  • 湯煎で温めて食べる
  • 基本的に1つのおかずなので組み合わせなくてはいけない
  • 常温で保存可能

<宅配食>

  • 冷蔵は手渡しですぐ食べられるが保存が効かない
  • 冷凍は好きな時に電子レンジもしくは湯煎で温めて食べる
  • 3食以上のおかずと場合によってはご飯もセットになっている

どちらが使いやすいかは人それぞれだと思います。自分に合った方を選んでみてくださいね。もちろん、併用してもOKです。

このページに関連する記事

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


error: Content is protected !!