血糖コントロールできていますか?糖尿病で運転する心構え

Sponsored Link

糖尿病の患者さんにとって怖いのものの一つが「低血糖」です。

低血糖を起こすと、最悪意識を失うことがあります。
運転中に低血糖で意識を失ってしまうと、
車は制御する者を失い、走る凶器と化してしまいます。

 

このページでは

  • 低血糖の症状
  • 低血糖を起こした時の対処法
  • 低血糖と運転に関係する法律
  • 運転中、糖尿病(低血糖)が原因で起きた事故の例

について書いています。

低血糖で意識を失うのは、自分だけの問題ではありません。
他人を巻き込んでしまうことのないように自覚を持つことが大切です。

Sponsored Link

1.低血糖の症状

ソファの男性低血糖時の自覚症状の感じ方は人それぞれ。
個人差が激しいものです。

大切なのは、起こりうる症状を知識として知ることと、
自らが低血糖になった時に感じた症状を体感として覚えることです。

低血糖時には

  • 中枢神経症状:眠気、昏睡、せん妄、集中力の低下、頭痛など
  • 自律神経症状:空腹、発汗、動悸、頻脈、震えなど

このような症状が現れます。

 

特に危険なのは、低血糖の症状を自覚できない無自覚低血糖症です。
糖尿病性神経障害(合併症)を併発しているときなどは、
低血糖に気が付かずに意識を失ってしまい、命を落とすこともあります

低血糖の症状がうまく自覚できないという方は、
こまめな血糖値測定と、医師への相談が必須です。

2.低血糖を起こした時の対処法

低血糖の対処は飴やジュースという方もいますが、
一番の対処法はブドウ糖の摂取です。

ブドウ糖は市販もされていますし、Amazon.co.jpなどでも簡単に入手できます。
Amazon.co.jpでブドウ糖を検索

 

飴は口内で溶けるのに時間がかかるため、急な激しい低血糖には向きません。

ジュースは種類によっては血糖値の上昇に役立つこともあります。
低カロリー飲料や100%果汁ジュースは基本的に血糖値を上げにくいので避けてください。
選ぶ自信がない方は、やはりブドウ糖の携帯が最適です。

 

  1. 低血糖の症状を感じたら、まずはブドウ糖を5~10g摂取する
  2. 10~15分経っても症状が治まらないときには、さらに5~10g摂取する
  3. それでも低血糖症が治まらないときには、医療機関を受診する

症状の強さに応じて、救急車の要請、タクシー、家族の迎えなどを頼みます。
低血糖の症状がある状態では絶対に運転してはいけません!

 

3.低血糖と運転に関係する法律

低血糖のまま運転した結果事故を起こしてしまうと、法律で裁かれます。適用されるのは自動車運転死傷処罰法です。

具体的な条文は以下の通りです。

第三条  アルコール又は薬物の影響により、その走行中に正常な運転に支障が生じるおそれがある状態で、自動車を運転し、よって、そのアルコール又は薬物の影響により正常な運転が困難な状態に陥り、人を負傷させた者は十二年以下の懲役に処し、人を死亡させた者は十五年以下の懲役に処する。
2  自動車の運転に支障を及ぼすおそれがある病気として政令で定めるものの影響により、その走行中に正常な運転に支障が生じるおそれがある状態で、自動車を運転し、よって、その病気の影響により正常な運転が困難な状態に陥り、人を死傷させた者も、前項と同様とする

自動車の運転により人を死傷させる行為等の処罰に関する法律

また道路交通法では、「発作により意識障害又は運動障害をもたらす病気であつて政令で定めるもの」は、運転免許を取り消しまたは停止することができると定めています。

糖尿病の低血糖も病状によってはこれに当てはまり、特に無自覚性低血糖症をおこしやすい方などは、運転免許証を持つことができないこともあります

 

4.運転中、糖尿病(低血糖)が原因で起きた事故の例

先日、糖尿病(低血糖)が原因の事故に、危険運転致傷罪が適用されました。
運転中の低血糖に、飲酒運転や危険ドラッグによる危険運転と同じ罪状が適用されています。

交通捜査課によると、逮捕容疑は、6月30日午後4時ごろ、大阪市中央区心斎橋筋2丁目の交差点付近で乗用車やトラックに衝突し、自転車の女性(32)に重傷を負わせるなど、男女計3人にけがをさせたというもの。宮谷容疑者も負傷して入院し、府警は回復を待っていた。

宮谷容疑者は事故前の状況について、「低血糖症の兆候が出たので午後2時半ごろ、車の中でどら焼きを食べてジュースを飲んだ。その後、昼食を取るために御堂筋を走っている途中から意識がなくなった」と説明。現場の手前約2キロから、急停止を繰り返す異常な運転をしていたという。

親族によると、宮谷容疑者は若い頃から糖尿病を患ってインスリン治療をしており、低血糖症と診断されたことがあるという。府警は、食事を取らなかったことで低血糖症になり、その影響で意識を失って事故を起こしたとみて、過失による事故より重い危険運転致傷を適用した。

御堂筋暴走、会社員を逮捕 低血糖症の危険運転致傷容疑

まとめ

運転中に低血糖を起こす=危険運転致死傷罪ではありません。
ですが自らの病状をしっかりと自覚する必要はあります。

  • 日頃から血糖値のコントロールを良好にする努力をする
  • 運転前に血糖値を測定する
  • 車を停めて必要な糖分を摂取する
  • 症状が完全になくなるまで運転を再開しない

インスリン注射を行っている人、低血糖を起こしたことのある人は特に注意が必要です。

Sponsored Link

    

その数値マズくない?怖い合併症を避けるなら・・・

    

シェアボタン

最後まで読んで頂きありがとうございました。
記事がお役に立ちましたら、下のボタンをクリックして他の方にシェアして下さい。

            

関連記事はこちら

    

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ