肥満が原因で糖尿病に。糖尿病治療中の減量について

Sponsored Link

肥満が原因で糖尿病になることは広く知られています。

このページではその仕組みを少し詳しく説明するとともに、
実際に糖尿病になってしまってからの減量の注意点をまとめています。

Sponsored Link

肥満とは具体的にどういう状態?

体重計肥満=太っている、これは確かに正解ですが、
医学的に「肥満」と呼ぶときはきちんとした定義があります。

肥満を判定する時には、
体重kg÷身長m÷身長mで求められる
BMI(ボディマス指数)という値を使います。

この計算式の値が18.5~24.9であれば「普通」、
それより下は「痩せ」、25以上は「肥満」と判定されます。

 

例えば身長165cmで体重が60kgの方は、
60÷1.65÷1.65=22.0
BMIの値は22で普通の範囲に入ります。

165cmの方の場合、約68kgから肥満ということになります。

肥満が原因で糖尿病になる仕組み

肥満になると脂肪細胞が肥大します。

脂肪細胞からは様々な物質が分泌されているのですが、
その中で問題になるのは、TNF-αやMCP-1という物質の分泌量の増加です。

TNF-αもMCP-1もインスリン抵抗性を上げてしまうことが知られています。

※インスリン抵抗性
膵臓から分泌されたインスリンが正常に働きにくい状態です。
血中の糖を細胞に取り込む能力が落ちるので、血糖値が下がりにくくなります。

 

また、インスリンの抵抗性が高くなると、
血中には、脂肪の分解によって生じた遊離脂肪酸が増えます。

そして、この遊離脂肪酸もインスリンの抵抗性を高めてしまうので、
ここから悪循環に陥ってしまうのです。

せっかく分泌したインスリンが正常に働かないため、血糖値は下がらず、
膵臓はより多くのインスリンを分泌するようになります。
この状態は膵臓にとっては大きな負担です。
放置していると徐々に膵臓のインスリン分泌能力が低下し、
最終的にはほとんどインスリンが分泌されなくなってしまうこともあります。

肥満を伴う糖尿病の方が減量するとき

ランニング糖尿病の治療を開始すると、肥満の方は必ず「痩せましょう」と
言われると思います。

嫌だ!面倒!と反発したくなるかもしれませんし、
そんなの薬を飲めば治る、と思われるかもしれません。

ですが、脂肪が多いうちは、体が自ら
インスリン抵抗性が高い状態を作り出しています。

外からインスリンを補っても、インスリンの働きをよくする薬を飲んでも、原因の脂肪が減らない以上、治療の効果が上がりにくいのです。

現に、数キロ減量するだけで血糖値が下がる方もいます。

減量しようかな?と思っている方へ

糖尿病治療中の減量は「無理しない」ことが大切です。
※医師の指示があるときはそちらに従ってください。

気合を入れて頑張り過ぎると結果が伴わないときに落ち込みやすく、
その後の治療にもやる気が出なくなってしまうことがあるからです。

糖尿病の治療は長い目でみなければいけません。

まずは、体重の5%減(60kgであれば3kg、80kgであれば4kg)を目標に、
月に1~2kgペースのゆっくりとした減量から始めてみましょう。

体重が重い人ほどいざダイエットに励むと、
思いのほか体重が落ちやすいものです。

そして一度体重が落ち、血糖値が下がるのを実感すると、
減量もより頑張れるようになると思います。

注意!

食事と運動と薬のバランスが崩れると低血糖を起こすことがあります。
薬物療法を行っている方が食事量や運動量を変更するときは、
必ず事前に医師や管理栄養士・栄養士に相談してください

Sponsored Link

    

その数値マズくない?怖い合併症を避けるなら・・・

    

シェアボタン

最後まで読んで頂きありがとうございました。
記事がお役に立ちましたら、下のボタンをクリックして他の方にシェアして下さい。

            

関連記事はこちら

    

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ