糖尿病の原因…糖尿病が遺伝するって本当?

Sponsored Link

うちは糖尿病の家系だから。

そんな言葉を耳にしたことがあると思います。
糖尿病は遺伝する、そんな風に思っている方も多いですね。

今回は、糖尿病と遺伝・遺伝子の関係の「ホントのところ」について調べました。

Sponsored Link

糖尿病は遺伝するのか

糖尿病そのものではなく、糖尿病になりやすい体質が遺伝するといわれています。
専門的な言い方では「遺伝的素因」と呼ばれます。

遺伝するのはあくまでも「体質」なので、
同じ遺伝子や遺伝子の異常を持っていたとしても、必ず糖尿病を発症するわけではありません。

生姜焼き丼

体質に、生活習慣の乱れ、暴飲暴食、運動不足、飲酒、喫煙、ストレスetcといった
環境因子が加わると糖尿病へとつながる結果になってしまいます

また、同じ家系や家族内で糖尿病にかかる人が多い理由として、
遺伝以外にも、食事をはじめとした生活習慣が似ている、という点も挙げられます。

親族に糖尿病を患う人が多いと感じるときは
「どうせ遺伝するから」と投げやりになるのではなく、
他人以上に、環境因子に注意して生活習慣に気を付ける必要があると考える方が健康的です。

そもそも日本人は糖尿病になりやすい遺伝子?

高カロリーで食事が不健康そう、肥満が多い、
アメリカをはじめとする欧米にそういったイメージをもたれる方も多いと思います。

実際に、アメリカの肥満率は日本よりも上です。

ですが、糖尿病のなりやすさ、という点から見ると、
日本人の方が圧倒的に上ということはあまり知られていません。

人口比では欧米の2倍なんていう話もあるくらいです。

これは、日本人が古来からの食習慣によって
「省エネ」な体を持っているからと考えられています。

バランスのとれた献立

今でこそ飽食の時代と呼ばれ、余るほど食べるものがありますが、
少し前までは、米と野菜と魚が中心の素朴な食事をとって生きていました。

そのために日本人の体の摂り過ぎたカロリーを処理する能力が
欧米人に劣っているということになります。

処理しきれず、血液に糖があふれればそれはすなわち糖尿病です。
日本人は、欧米人ほど激しい肥満になる前に重度の糖尿病を患って痩せてしまうために、
肥満率では欧米が勝っているのだと思います。

まとめ

定食日本人だから、糖尿病の多い家系だから、
たしかに遺伝的に糖尿病になりやすいのかもしれません。

ですが、だからとって治療や予防をあきらめるのではなく、人一倍注意する機会を得てラッキーという気持ちを持って取り組んでほしい、そんな風に思います。

体質が遺伝するとはいえ、糖尿病の原因の大部分を占めるのはやはり、食習慣や運動、喫煙や肥満といった後天的な要因です。

もしかしたら将来、生まれたときから遺伝子検査で「糖尿病になりやすい体質」と診断してもらえる日が来るかもしれません。

糖尿病は一生付き合う病ですし、合併症も怖い病気です。

たとえ体質が遺伝していても遺伝していなくても、ぜひ自分のために、身の回りの人のために、健康的な生活を送って、糖尿病を予防するように心がけましょう。

Sponsored Link

    

その数値マズくない?怖い合併症を避けるなら・・・

    

シェアボタン

最後まで読んで頂きありがとうございました。
記事がお役に立ちましたら、下のボタンをクリックして他の方にシェアして下さい。

            

関連記事はこちら

    

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ