糖尿病は遺伝する「母方からのみ遺伝する糖尿病」

Sponsored Link

皆さんこんにちは(*^_^*)栄養士の葵です。

今日は、ある特別な糖尿病についてまとめました。
その糖尿病とは「ミトコンドリア糖尿病」です。

ミトコンドリア糖尿病はミトコンドリアの異常によって
引き起こされるミトコンドリア病の一つで、
糖尿病患者さんの1%程度を占めると考えられています。

母方からのみ遺伝するというこの糖尿病について
皆さんはどの程度ご存知でしょうか?

Sponsored Link

ミトコンドリア病の糖尿病

ミトコンドリア病とは何か、
糖尿病との関係と症状の特徴、治療法などについてみてみましょう。

ミトコンドリア病って何?

ミトコンドリアの異常によって引き起こされる病気です。

ミトコンドリアが母子間で遺伝するために、
母系遺伝する病型が多いのが特徴です。

赤ちゃんとママの手

体のどの細胞のミトコンドリアに異常が多いかによって、
症状が異なり、いくつかの病型に分類されています。

全てが先天的ではなく、
他の病気等によって後天的に発症することもあります。

ミトコンドリア病には種類がたくさん

眼瞼下垂や外眼筋の麻痺を伴うCPEOや、
自分の意思とは無関係に体が動いてしまうMERRF、
脳卒中のような発作が特徴的なMELASはミトコンドリア病の中でも
比較的患者数の多い病型です。

他にも、知能や運動機能に発達の遅れが出るリー脳症、
男性に多い、視力低下をもたらすレーバー病など
いくつかの病型が知られています。

ミトコンドリア糖尿病もミトコンドリア病の病型の一つで、
血糖値を下げるインスリンの分泌が障害され、
高血糖状態が続くために、糖尿病を発症します。

ミトコンドリア糖尿病の特徴的な症状

ミトコンドリア糖尿病の特徴は、多くのケースで難聴を伴うことです。

耳

この場合の難聴は、高血糖によって引き起こされているのではなく
ミトコンドリアの異常によって、併発するものです。

通常の1型、2型糖尿病でも難聴は起きる

糖尿病には多くの合併症が存在しますね。

そのほとんどは、血糖値が高いために血管や神経が傷ついた結果で、
目の血管が傷めば網膜症を、腎臓がダメージを受ければ
糖尿病性腎症を発症します。

耳の中の血管が障害を受けると、難聴につながります。

つまり糖尿病+難聴=ミトコンドリア病ではないということです。

ミトコンドリア病と見分けるポイントは特別な遺伝子検査と、
糖尿病+難聴に家族性の有無になります。

ミトコンドリア糖尿病の治療について

ミトコンドリア糖尿病の治療は、他のインスリン依存型糖尿病と同じです。

バランスのとれた献立

運動療法や食事管理を行いながら、足りないインスリンを
インスリン注射(インスリンポンプ)を使用して体外から補います

難聴の治療は一般的な感音性難聴のそれと同じで、
聞こえの程度によって補聴器を使用したり、
内耳を人工内耳に取り換える手術を行ったりして改善をはかります。

最後に

精子と卵子が受精した際、子に受け継がれるミトコンドリアは、
卵子の物だけだということが研究でわかっています。

ミトコンドリア糖尿病を含めて多くのミトコンドリア病は、
母系遺伝(母方から遺伝)するといわれています。

実はミトコンドリア病(ミトコンドリア糖尿病も含めて)は
国によって難病指定されており、
条件を満たせば治療費は公費補助の対象です。
難病情報センター ミトコンドリア病(公費対象)

糖尿病や難聴に家族性(特に母系に)が気になる場合は、
一度専門家に相談してみるのもおすすめです。

Sponsored Link

    

その数値マズくない?怖い合併症を避けるなら・・・

    

シェアボタン

最後まで読んで頂きありがとうございました。
記事がお役に立ちましたら、下のボタンをクリックして他の方にシェアして下さい。

            

関連記事はこちら

    

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ