糖尿病の症状~汗のかきすぎ、汗をかけない~

Sponsored Link

糖尿病患者の方の中には「汗」で悩まれている方がいます。

  • 汗をかきすぎる
  • 汗がかけない

相反するこの二つの汗の悩みは、
どちらも糖尿病の方が経験する可能性のあるものです。

糖尿病と汗の関係を調べました。

Sponsored Link

糖尿病と汗の関係~汗かき、汗をかかない~

汗を多くかきすぎるのも、まったくかけないのも、
まとめて発汗異常です。

発汗異常は糖尿病の症状としてよく見られるものです。

糖尿病神経障害になり自律神経が乱れることによっておこります。

人間の体は自律神経の力でさまざまな調整が行われています。
自律神経は大きく「交感神経系と副交感神経系」に分かれているのですが、
交感神経は発汗を促し、
副交感神経は発汗を抑える方向に働きます。

汗かき男子

この二つのバランスが崩れたり、
切り替えがうまくいかなくなったりすると、
発汗異常が現れます。

神経障害によって自律神経が乱れると、
他にも便秘や下痢を繰り返したり、
夜眠れなくなったり、頭痛やめまいを感じることもあります。

暑くても汗をかけないのは熱中症につながりますし、
汗をかきすぎるのも脱水の可能性を高めます。

頭などの通常汗をあまりかかない部位の発汗量が増えたり、
場合によっては体の半分だけ多く汗をかくという
状況に陥ってしまうこともあるのが発汗異常です。

汗のかきかたに異常を感じるときは、
糖尿病や神経障害の可能性を疑う必要があります。

汗の臭いにもご注意を

糖尿病になって血糖値のコントロールが良くない状態が続くと、
汗に独特の臭いが混ざるようになります。

甘酸っぱいと表現されることがあるこの臭いは、
ブドウ糖を利用できない体が作り出した
代替エネルギー、ケトン体が発生させるものです。

インスリンが働かなくなり、血中にあふれたブドウ糖を使えない状態が続くと、
体は飢餓状態に陥ってしまいます。
飢餓状態になった体は何とかエネルギーを生み出そうと筋肉や脂肪を
分解して作り出すのがケトン体です。

ケトン体と、糖尿病の方が発してしまう臭いについて
まとめた記事もあるので気になる方はぜひ読んでみてください。

CHECK糖尿病の症状?気になるにおいの原因は?

ケトン体による臭いは、汗のみならず、
口臭や体臭、尿などいろいろな部分から発します。

口を押える男性

糖尿病のみならず、極端なダイエットや糖質制限をされている方も、
この臭いを発生させてしまうことがあるようです(ダイエット臭)。

発汗異常を感じる方で、糖尿病かも?と悩まれている方は
汗のかきかたはもちろん、汗や尿の臭いにも注目してみてください。

まとめ

糖尿病の症状は発汗異常と臭いだけではありません。
多飲多尿や手足のしびれ等、思い当たる節が少しでもある人は、
積極的に検査を受けましょう。

発汗異常は本人にとって不快ですし、
臭いで周りに嫌な思いをさせてしまうこともあります。

糖尿病以外にも汗のかきすぎや、汗をかけないといった発汗異常を
引き起こす病気はいくつかあります。
糖尿病にこだわらずに調べてみることをおすすめします。

Sponsored Link

    

その数値マズくない?怖い合併症を避けるなら・・・

    

シェアボタン

最後まで読んで頂きありがとうございました。
記事がお役に立ちましたら、下のボタンをクリックして他の方にシェアして下さい。

            

関連記事はこちら

    

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ