糖尿病の症状?気になるにおいの原因は?

Sponsored Link

スメルハラスメントという言葉を聞いてことがありますか?

スメルハラスメントは自分は(自覚の有無は問わず)発している臭いで、
周囲を不快にしてい待っている状態を指します。

体臭や口臭はもちろん、香水や化粧品の臭い、加齢臭など、
誰でも自分では気が付かいうちに不快なにおいを発していることがあります。

実は糖尿病の症状にも「臭い」があります。

どこがどんなふうに臭ってしまうのか、まとめました。

Sponsored Link

糖尿病とともに出現する臭いの正体

ケトン体が原因で臭っている

糖尿病の状態が良くない人の体臭はよく「甘酸っぱい」といわれます。

これは決して血中の糖分が臭っているわけではありません。

甘酸っぱいにおいの犯人は、ケトン体です。
血中のケトン体が増えると、口臭、体臭はもちろん、尿や便も臭うようになります。
浄化槽の掃除をする汲み取り業者の方が、
臭いだけでその家庭に糖尿病の人がいることがわかるほどの独特の臭いです。

糖尿病になって、インスリンが不足したり、正常に働かなくなったりすると、
血中の糖は細胞に取り込まれることなく、尿中に流れ出してしまいます。

体にとってブドウ糖がエネルギーとして使えないのは大問題!
飢餓状態に陥った体はエネルギーを補うために、
筋肉や脂肪を分解してケトン体という代替エネルギーを作り出し、
なんとかその状態を乗り切ろうとします。

この状態がひどくなると糖尿病性ケトアシドーシスになり、
昏睡状態に陥ることもあります(高血糖を放置してはいけない理由の一つです)。

救急車

臭いがひどくなる=ケトン体が増えているということなので、
糖尿病の方の体臭や尿臭は血糖値の状態のバロメータにもなるものです。

ケトン臭の対策は、血糖値のコントロールにつきます。

唾液が減って口が渇くから口臭がひどくなる

高血糖の特徴的な症状の一つが「多飲多尿」です。
これは喉や口が渇くことから起きる症状です。

口が渇くと問題になるのが「口臭」です。

口臭は、自分では気が付かないが
他人には大きな不快感を与えてしまう臭いの一つ。

口を押える男性

口が渇くのは高血糖のせいなので、
血糖値のコントロールをすることが臭いを軽減させる方法です。

また歯磨きや洗口剤、デンタルフロス等を使って
口腔内をキレイに保つことも、糖尿病の方にとっては大切なことです。
口腔ケアを怠って歯周病を発病すると、
糖尿病が悪化する可能性もあります。

CHECK糖尿病の怖い合併症【口に起きる異常~実は怖い歯周病~】

糖尿病の薬でオナラが増える

糖尿病の治療にはいろいろな薬が使われます。

薬

お薬の一つ「αグルコシダーゼ阻害薬」の副作用の一つは「放屁」。
なんとおなら出ることです。

αグルコシダーゼ阻害薬(製品名はグルコバイやセイブル)は、
小腸にあるαグルコシダーゼという糖を分解する酵素の働きを
邪魔することによって、血糖値の上昇を緩やかにするお薬です。

小腸で分解されなかった糖が、大腸内の腸内細菌によって分解されると、
ガスが発生しておならとなって出てしまいます。

糖尿病になってからおならが増えた…
そのおならはもしかしたら糖尿病が原因ではなく、薬の副作用かもしれません。

 

Sponsored Link

    

その数値マズくない?怖い合併症を避けるなら・・・

    

シェアボタン

最後まで読んで頂きありがとうございました。
記事がお役に立ちましたら、下のボタンをクリックして他の方にシェアして下さい。

            

関連記事はこちら

    

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ