糖尿病の治療の目的は?目標を失ったあなたへ

Sponsored Link

皆さんこんにちは(*^_^*)栄養士の葵です。

糖尿病の治療を続けていると、
「なんでこんなことしないといけないんだ」と爆発しそうになったり、
「これだけ努力しているのに数値が全然改善しない…」と落ち込んだり、
誰でも、治療に対する意欲や目標を失ってしまうことがあります。

そもそも糖尿病の治療の目的な何なのか、
一緒に見ていきましょう。

Sponsored Link

糖尿病治療の最大の目的は「合併症の予防」

治療中の皆様ならご存知だと思いますが、
血中の糖が多い「高血糖」自体は痛くもかゆくもありません。

炬燵で居眠り

いつの間になんとなく治療を放棄してしまう方が多いのはそのためです。

血中に糖が多い状態を放置すればするほど、
体内の血管や神経は確実に傷つき、徐々に弱っていきます。

その結果が「合併症」です。

糖尿病を患うと引き起こされてしまう合併症、
腎症、網膜症、神経障害その他は、
いずれも生活の質(QOL)や命に大きくかかわってくるものです。

最悪、脚を失い、視力を失い、
透析治療なしでは生きられなくなります。

糖尿病の治療の目的は血糖値を下げることでも、
ヘモグロビンA1cを改善することでもありません。

それらはあくまでも「手段」です。
糖尿病の治療の本当の目的は、血糖値を下げることによって
合併症を起こさずに、健康で長生きすることです。

合併症を予防するための具体的な数値目標

やる気を出すためには具体的な数値目標を持つことが役立ちます。

一般の成人が合併症を予防するための検査値の
ボーダーラインはこちらです。

 ヘモグロビンA1c  7.0%以下
 空腹時血糖値  130mg/dl以下
 食後2時間血糖値  180mg/dl以下

ご自身の数値と比べて、いかがでしょうか?

この範囲内に抑えることができれば合併症の可能性がグッと減ります。
少し頑張ればクリアできそうな数値ではありませんか?

合併症が進行すると、糖尿病の治療はますます大変になりますし、
医療費をはじめとした経済的な負担が大変重くなります。

モチベーションが落ちがちな方はぜひ、
家族や友人と一緒に治療に取り組んでみてください。

糖尿病の患者さんが集まるコミュニティに参加するのもおすすめですよ。
インターネットやSNS、病院内にある場合もあるかもしれません。
ぜひ探してみてください。

 

Sponsored Link

    

その数値マズくない?怖い合併症を避けるなら・・・

    

シェアボタン

最後まで読んで頂きありがとうございました。
記事がお役に立ちましたら、下のボタンをクリックして他の方にシェアして下さい。

            

関連記事はこちら

    

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ