糖尿病の治療にかかる費用の現実~初期から末期まで~

Sponsored Link

治療にお金がかかるのは、どの病気も同じですが、
同じ「糖尿病」であっても、
かかる費用は本人のコントロール次第で大きく異なります。

糖尿病を患うと、どのような部分にどのくらい
お金がかかるのでしょうか?

素人では、正しく計算することも推測することも
難しいのが複雑な医療費の算出です。

今回は、インターネット上で、糖尿病の医療費を算出している
サイトをご紹介します。

Sponsored Link

糖尿病ネットワーク「糖尿病になったらいくらかかる?」

糖尿病ネットワークは、
糖尿病についてのデータが豊富に掲載されているサイトです。

糖尿病になったらいくらかかる?のページには、

  • 投薬なしの場合
  • 経口薬2種類の場合
  • インスリン+経口薬+自己測定の場合
  • 上記それぞれに合併症の治療を加えた場合

について、かなり細かく医療費が計算されています。

投薬なしの初期の受診から、
合併症を起こして治療を行っているとき(末期)まで、
幅広く算出しているので、とても役立ちます。

内容が少々難しい部分もありますが、
金額を目で追っていくだけでも、
糖尿病の治療にどれほどお金がかかるかがわかると思います。

糖尿病の治療にかかるお金について知っておきたいこと

知らないまま過ごしていると損をするかもしれない、
糖尿病の方に知っておいてほしい、そんなお金の話があります。

高額療養費制度

一か月に多額の医療費がかかった時に、健康保険から
一部が払い戻しされる制度です。

一万円札

払い戻しされる金額は、標準報酬月額によって異なりますので、
全国健康保険協会「高額療養費制度が平成27年1月から変わります」
で詳しくはご確認ください。

この制度は自動的に適用されるものではなく、
自ら手続きして申請を行う必要があります。

保険診療であれば対象なので、糖尿病での入院など、
一か月にまとまった医療費がかかった時は、必ず確認しましょう。

似た効果の薬でも薬価は違う

ジェネリック医薬品かどうか、どこの製薬会社の物か、
一口に経口血糖降下薬やインスリンといっても、
商品によって薬価が異なることはご存知ですか?

薬

医師に処方されたものを疑いなく薬局で購入して
使いづつけているという方も多いのではないでしょうか?

こちらは、2014年版の糖尿病関連薬 仕様と薬価の早見表です。
インスリン製剤・インクレチン関連薬・SGLT2阻害薬 早見表2014

微々たる違いでも、これらの薬は毎日つかうものです。
塵も積もれば…一生に払う金額に与える影響は小さくありません。

なぜ今の薬が選ばれているのか、
疑問に思った方は医師や薬剤師に相談してみましょう。

同様の効果が期待できる、もっと経済的な負担が小さい
薬やインスリンがあるかもしれません。

最後に

糖尿病になってしまったら、あれこれ調べても、
かかる金額が減るわけではありません。

治療にかかる医療費を減らす方法は唯一つ、
真面目に治療に取り組み、血糖値を安定させることです。

バランスのとれた献立

これから先、何にいくらくらいお金がかかるのか気になるときは、
かかりつけの医師や薬剤師に聞いてみてください。
丁寧に教えてくれるはずです。

もしかして私、糖尿病かも?
そう心配されている方は、一日でも早く受診しましょう。
早期発見で早期に治療を開始すれば、
合併症の確率も減り、総合的にかかる医療費は安くて済みます。

Sponsored Link

    

その数値マズくない?怖い合併症を避けるなら・・・

    

シェアボタン

最後まで読んで頂きありがとうございました。
記事がお役に立ちましたら、下のボタンをクリックして他の方にシェアして下さい。

            

関連記事はこちら

    

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ