糖尿病の検査項目と検査方法を学ぼう~その2~

Sponsored Link

この記事は以下の記事の続きです。
CHECK糖尿病の検査項目と検査方法を学ぼう

前回の記事では、糖尿病の診断基準と、
尿検査、HbA1c(ヘモグロビンエーワンシー)の二つの検査について書きました。
今回は、それ以外の血液検査の項目について書いています。

糖尿病の診断に使われる血液検査の項目

糖尿病の診断には、前回述べたヘモグロビンエーワンシー(HbA1c)以外に、
空腹時血糖値、随時血糖値、75g経口ブドウ糖負荷試験等の結果などが使われます。

ここではそれぞれについて詳しく見ていきます。

空腹時血糖値

空腹時血糖値が126mg/dl以上は糖尿病の診断基準の一つです。

朝食を抜いて朝~午前中に検査することが多いため、
早朝空腹時血糖値と呼ばれることもあります。

空腹時の血糖値が高いということは、
食後から時間が経過しても血糖値が下がっていないということです。

食べている糖質の量はもちろん、
インスリンの分泌量や働き(抵抗性)にも問題があると思われます。

随時血糖値

随時血糖値は、空腹、食後問わずに目安になる値です。
随時血糖値が200mg/dl以上で糖尿病型と診断されます。

健康な人の場合、血糖値は空腹時でも食後でも140mg/dlを超えることはありません。

目をこする男性

多飲多尿や網膜症などといった糖尿病の症状、合併症が認められる場合は、
一度の検査でも糖尿病と診断されます。

75g経口ブドウ糖負荷試験

英語ではOral glucose tolerance testといい、
その頭文字をとって日本でもOGTTと呼ばれる検査です。

ブドウ糖を飲み、2時間後の血糖値を測定し、
200mg/dlを超えると糖尿病型と診断されます。

一時的とはいえ血糖値を上昇させる検査なので、
空腹時血糖値や随時血糖値、ヘモグロビンエーワンシー(HbA1c)などで
高値が確認されている場合には積極的に行わないのが通常です。

その他の血糖値関連の検査項目

糖尿病の診断基準には使われないものの、
血糖値の状態の目安になる検査は他にもいくつかあります。

食後血糖値

空腹時血糖値が正常(健康診断ではひっかからない)ために、
食後血糖値が高いことに気が付かないまま糖尿病が悪化してしまうことがあります。

食後血糖値が高い状態が続いていると、
死亡率や心血管系疾患のリスクが高くなることがわかっています。

食後血糖値は75g経口ブドウ糖負荷試験で調べることもできます。

グリコアルブミン

グリコアルブミン(GA)は、ヘモグロビンエーワンシー(HbA1c)と似ている
検査項目です。主に最近2週間の血糖値の状態を表します。

ヘモグロビンにブドウ糖がくっついたグリコヘモグロビンを測定するのが、
ヘモグロビンエーワンシー(HbA1c)です。

アルブミンと呼ばれるものにブドウ糖がくっついた
グリコアルブミンを測定するのが、GAという値です。

献血

献血で無料で行ってもらえるので、病院に行くことなく、
高血糖の可能性を調べることができる検査の一つです。

CHECK糖尿病の検査費用・料金は何円?無料で受けられる裏技も

上の記事には無料で受けられるグリコアルブミン検査についても
書いてあります。気になる方はぜひご覧ください。

Sponsored Link

    

その数値マズくない?怖い合併症を避けるなら・・・

    

シェアボタン

最後まで読んで頂きありがとうございました。
記事がお役に立ちましたら、下のボタンをクリックして他の方にシェアして下さい。

            

関連記事はこちら

    

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ