糖尿病の方向け食事レシピ~鍋編~

Sponsored Link

カロリーも気になるけど、糖質も気になる…

そんな糖尿病の食事管理で悩んでいるときに、
とても役立つ料理が「鍋」です。

野菜や大豆製品、魚やこんにゃく、
各種お肉もお腹いっぱい!大満足!

カレーや揚げ物に比べて断然ヘルシーだし、
調理や後片付けも楽だし、
みんなで同じものを食べられるし…
と鍋料理は糖尿病の方とその家族にとって、
本当に理想的な料理です。

このページでは、糖尿病の方が
より安心して食べられる鍋料理のコツを
紹介させていただいています。

夏でも美味しく食べられるレシピもありますよ♪

Sponsored Link

市販の鍋スープの素は使ってOK

糖質制限をされている方なら気になるのが、
市販の鍋スープの糖質量だと思います。

結論から言えば、スープをゴクゴクと飲み干さない限り
気にしなければいけないほど糖質は含まれていません。

豆乳鍋

スープゴクゴクは塩分的にもNGなので、避けましょう。

以下市販の鍋スープ&鍋の素の1人前糖質量です。

  • 味の素 鍋キューブ 濃厚白湯:2.2g以下
  • ダイショー 醤油ちゃんこ鍋スープ:2.8g以下
  • エバラ プチッと鍋 寄せ鍋:4.0g以下
  • ミツカン 〆まで美味しいごま豆乳鍋つゆ:8.75g以下

ごく一部20g近くなるものもあるので、表示は要確認です。

  • カゴメ 甘熟トマト鍋スープ:19.95g以下

汁がしみ込みやすい厚揚げやがんもどき等の具は避けるなど、
具との相性を考えれば、血糖値への影響は少なく済みます。

避けた方がベターな具を覚えよう

鍋には何を入れてもおいしいですよね。
糖質オフの考え方から、避けた方がベターな
具の例をいくつか挙げさせていただきます。

避けるべきものを知っていれば、気軽に鍋を楽しめす。

糖質が多い具

じゃがいも等のイモ類、はんぺんや竹輪などの練り製品、
きりたんぽや餅、団子などの米&小麦製品、
うどんや春雨などの麺類(コンニャクはOK)、
カボチャ、キャベツ、人参、コーン、玉ねぎ等の甘い野菜。

キャベツ

食べて「甘い」と感じる野菜は糖質が多めです。
鍋でクタッとなると大量に食べられてしまうので、
避けた方が血糖値の上昇を抑えられます。

汁をたくさん吸う具

厚揚げ、がんもどき、揚げ団子、高野豆腐等のように、
汁をたくさん含む具は、スープの種類によっては
注意するべき材料になります。

厚揚げ

トマト鍋やカレー鍋、キムチ鍋などのように、
糖質が比較的多い鍋料理をするときは、
口にする汁の量を少なくしたいので、これらの具は不向きです。

夏にもおすすめの糖質控えめ鍋レシピ

これから暑くなる時期でも美味しく食べられる
鍋料理をご紹介します。

クレソンと豚肉のしゃぶしゃぶ(レモン塩だれ)

chidemariさんが考案した鍋料理。
材料は、しゃぶしゃぶ用の豚肉、クレソン、白ネギ、豆腐、
といたってシンプルかつ糖質の少ないものばかりです。

クレソンと豚肉のしゃぶしゃぶのレシピ(クックパッド)

カツオだしで温めた肉や豆腐を、
ごま油とレモン塩を合わせたタレにつければ、
夏でもさっぱり、血糖値への影響を気にせずに
たっぷり食べられます。

豚を牛に変えたり、小松菜や水菜
エノキタケなど具のバリエーションが広げやすいところも、
嬉しい点ですね!

最後に

鍋はみんなで食べるので、自分がどのくらい食べたのか
視覚的にわかりにくいのが弱点です。

みんなで食べるときは、さらに意識して、
糖質の少ない具とタレを選び、
汁を残すように気を付ければ、安心して楽しめます。

心配な方は、鍋の前後に血糖値を測ってみましょう。

どんなものを食べたときに、どの程度血糖値が変動するかを
知ることも、血糖コントロールを良好にするための
重要なポイントです。

 

【追記】

食事管理でお悩みならこちらもチェックしてみてください。

CHECK面倒なカロリー計算不要!糖尿病向けの宅配食事を試してみませんか?

Sponsored Link

    

その数値マズくない?怖い合併症を避けるなら・・・

    

シェアボタン

最後まで読んで頂きありがとうございました。
記事がお役に立ちましたら、下のボタンをクリックして他の方にシェアして下さい。

            

関連記事はこちら

    

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ