糖尿病の怖い合併症【足に起きる異常~足が腐る!?~】

Sponsored Link

糖尿病になると脚を切断することになる。

そんな話を耳にしたことはありませんか?

糖尿病が悪化したときに見られる症状として有名なものに、足の壊疽があります。
壊疽は、言葉を選ばず説明すると、「腐った」状態になることです。

足の壊疽は、糖尿病神経障害という糖尿病の合併症や、
動脈硬化の進行による血流不良によって引き起こされる足の病気の一つで、
脚を切断する原因にもなります。

 

このページでは

・糖尿病の怖い合併症~糖尿病神経障害~
・糖尿病神経障害が足の壊疽につながる理由
・糖尿病性の足壊疽の治療法

について書いています。

脚の切断は、その後の生活の質に大きく影響を及ぼします。
寝たきりになり、糖尿病をさらに悪化させる危険性もあります。

自覚症状がないからと甘えがちですが、
合併症を防ぐためにも正しく継続的に糖尿病の治療に取り組みましょう。

Sponsored Link

糖尿病の怖い合併症~糖尿病神経障害~

高血糖が続くと、体中の神経に悪影響が出るようになります。
特に最初にダメージを受けやすいのが手先や足先の「抹消神経」です。

初期症状は、指先や足先のしびれや不快感が主で、
左右対称に表れるのも特徴です。

糖尿病神経障害が足の壊疽につながる理由

ハロゲンヒーター糖尿病神経障害が進行すると手足の感覚が鈍くなります。
そのため、怪我ややけどをしやすくなったり、
怪我ややけどに気が付きにくくなったりするのです。

例えば、熱いストーブの前に寝ているとき、
やけどするほど近づいてしまうと、普通は熱さで目が覚めるため、
ひどいやけどを負うことはありません。

ですが糖尿病神経障害で感覚が鈍くなっていると、
足が熱くなっていることに気が付かず、
そのままやけどを負ってしまうことになります。
また、やけどをしていても
痛みが鈍いために足の異常に気が付くのが遅れたり、
あまり重症ではないと思い込んだために
治療が遅れることもあります。

また、糖尿病によって血管の動脈硬化が進んでいると、
血管が詰まってしまい、やけど等の怪我が治りにくく、化膿しやすくなります

壊疽は適切に治療しないとどんどん進行してしまうため、
あっという間に手遅れになり、脚を切断することにつながってしまうのです。

糖尿病性の足壊疽の治療法

足湯壊疽が起きてしまっている場合は、
・詰まっている血管の代わりになる血管を移植するバイパス手術
・壊疽している部分の切除
・切除した部分のケアや皮膚移植
などが行われます。

 

血管が詰まっていることで血流が滞っているときは、
新たな血の通り道を作るために血管を移植するバイパス手術が行われます。

傷の状態によっては、バイパス手術だけで改善して治ることもありますが、
壊疽がひどい場合や広範囲にわたっている場合は、
バイパス手術のみならず、壊疽部分の切除が必要になることもあります。

切除した部分が広範囲にわたっているときは、表面を覆うために、
皮膚移植が行われることもあります。

壊疽はとても怖い合併症です。

大切な足の切除を最小限に抑えるためにも、毎日のフットケアや点検を欠かさず、
少しでも気になる傷や症状が見つかった時は、
早めに病院へ出向いて相談しましょう。

Sponsored Link

    

その数値マズくない?怖い合併症を避けるなら・・・

    

シェアボタン

最後まで読んで頂きありがとうございました。
記事がお役に立ちましたら、下のボタンをクリックして他の方にシェアして下さい。

            

関連記事はこちら

    

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ