糖尿病の怖い合併症【症状で見る合併症】

Sponsored Link

糖尿病の自覚症状には合併症によるものも含まれています。

このページでは…

  1. 目がかすむのは糖尿病網膜症
  2. 手足がしびれるのは糖尿病神経障害
  3. 足のむくみは糖尿病性腎症

の三点について書いています。

網膜症・神経障害・腎症は糖尿病の三大合併症です。
合併症の症状を感じるのは、糖尿病がかなり進行している証!
一つでも気になるものがあれば、早急に受診しましょう。

Sponsored Link

1.目がかすむのは糖尿病網膜症

ストレスを感じる男性最近なんだか目がかすむ、視界に違和感がある。
それはもしかしたら糖尿病網膜症かもしれません。

糖尿病網膜症は、眼球内の網膜の血管が障害されて視覚に異常をきたす合併症で、最終的には失明することもあります。

網膜症(特に初期)は症状が現れにくい病気です。

  • 視力の低下、目のかすみ
  • 飛蚊症(視界に虫や光が飛んでいるように感じる)
  • 視野欠損(視界の一部が黒くなる)

このような症状を感じたらすでに糖尿病網膜症が進行しているかもしれません。

CHECK糖尿病の怖い合併症【眼に起きる異常~目がかすむ~】

2.手足がしびれるのは糖尿病神経障害

糖尿病が進み、糖尿病神経障害があらわれると、手足の先がしびれたり、ピリピリとした痛みを感じたりするようになります。

足先の感覚が鈍くなると、足に傷を負っても気が付きません。放置された傷に細菌が感染すると、壊疽や壊死を起こし、最悪足を切断しなければいけなくなってしまいます。

CHECK糖尿病の怖い合併症【足に起きる異常~足が腐る!?~】

3.足のむくみは糖尿病性腎症

足湯糖尿病性腎症は腎臓の中にある糸球体の血管が傷ついた結果起きる糖尿病の合併症の一つです。

腎症は、発症してもすぐには自覚症状が現れません。以下のように進行します。

 

  1. 蛋白尿(自覚症状なし)
  2. ネフローゼ症候群(むくみを感じることもある)
  3. 腎不全(むくみ、倦怠感等)
  4. 人工透析必須
  5. 放置すると尿毒症で死

腎症が原因で感じる糖尿病自覚症状はには、むくみや倦怠感があります。

糖尿病性腎症が進行して、腎臓が完全に機能を失うと、人工透析が必要になります。

人工透析(血液透析)は、機能を失った腎臓の代わりに、機械を使って血液をろ過する治療です。透析は基本的1回4~5時間かかり、週に三回程度必要になります。長時間拘束されるため、仕事や学業にも大きな影響を及ぼします。

まとめ

糖尿病の三大合併症「糖尿病網膜症」「糖尿病神経障害」「糖尿病性腎症」はいずれも、初期は自覚症状が少ない病気です。

症状を感じ始めた時点で、すでに進行している、と思わなければいけません。合併症が進行しているということは、糖尿病の状態もかなり悪いということです。

糖尿病も自覚症状が少ない病気です。血糖値のコントロールが悪い状態(高血糖の状態)を放置していると、失明したり、足を失ったり、人工透析を受けなければいけなくなってしてしまうことになります。

少しでも違和感を感じたときは「次の健康診断の時でいいや」などと先送りにせずに、早めに医療機関を受診しましょう。

Sponsored Link

    

その数値マズくない?怖い合併症を避けるなら・・・

    

シェアボタン

最後まで読んで頂きありがとうございました。
記事がお役に立ちましたら、下のボタンをクリックして他の方にシェアして下さい。

            

関連記事はこちら

    

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ