糖尿病の原因…犯人は炭水化物

Sponsored Link

炭水化物を制限する「糖質制限」が流行しています。
様々な注意も呼びかけられていますが、
糖尿病の予防や改善にも有効だという声が聞かれ始めました。

今回は糖尿病と炭水化物の関係について書いています。

Sponsored Link

炭水化物は糖尿病の原因なのか

炭水化物というと何が思い浮かぶでしょうか?
ご飯や麺、パン、などの主食、甘い砂糖やブドウ糖がまず思い浮かぶと思います。

ショートケーキ

炭水化物とは、糖質と食物繊維を合わせた呼び方です。
食物繊維が炭水化物の一種だと知って驚かれるかもしれませんね。

食物繊維は、人間の体では消化できない炭水化物です。
消化吸収されないために便に排泄されます。

多くの糖質は血糖値を上昇させるため、摂りすぎは糖尿病の原因になる可能性があります。
一方同じ炭水化物でも、食物繊維は、血糖値の急激な上昇を抑えるという
糖尿病にとってはプラスの役割を果たしてくれる栄養素です。

炭水化物は糖尿病の原因なのか?
という質問の答えは、半分YESの半分NOです。

糖質は原因になる可能性があっても、食物繊維は違います。

糖尿病なら糖質制限するべきなのか

大盛りご飯では、糖尿病を予防するためには糖質を一切摂らなければよいのでしょうか?
いわば究極の糖質制限食です。

確かに糖質を摂取しなければ血糖値の上昇は防ぐことができますし、インスリンの抵抗性を上げてしまう肥満の解消にも役立つとされています。

 

日本糖尿病学会では炭水化物(糖質)制限について以下のように記しています。

総エネルギー摂取量を制限せずに、炭水化物のみを極端に制限して減量を図ることは、その本来の効果のみならず、長期的な食事療法としての遵守性や安全性など重要な点についてこれを担保するエビデンスが不足しており、現時点では薦められない。

引用:日本人の糖尿病の食事療法に関する日本糖尿病学会の提言

 

糖質を制限する代わりに、蛋白質や脂質を好きなだけ暴飲暴食すると、
逆に腎臓に負担がかかったり、動脈硬化が進んだりする可能性があることが理由です。

糖質制限が話題になってから様々研究が重ねられてきて、現在では、
危険性は少ない、または無い、という意見も大きくなってきています。

糖質制限の是非を判断するためには今後も多くのエビデンス(科学的な根拠)が必要です。

実際に炭水化物(糖質)を制限している糖尿病患者

ステーキ最後にブログをひとつ紹介させていただきます。

CHECK糖尿病は糖質制限で酒も呑める、HbA1cも劇的に下がる!

コチラのブログの管理人さんは、2008年の11月にHbA1cが11.1%という高値で、糖尿病と診断されたそうです。

一週間の入院中、他の糖尿病患者と同じように栄養指導を受けて退院しますが、独自で糖質制限を調べて実施したところ、翌年から4.2~3%という優秀な値を保っています。

 

糖質制限では食べられそうにない、カレーうどんやトンカツなどのガッツリ系レシピがたくさん紹介されていますし、お酒が好きな方のようで、おつまみについての話題もあります。

糖質制限の実施はあくまでも自己責任ですが、このように成功している方を見かけると、興味がわきますね。

Sponsored Link

    

その数値マズくない?怖い合併症を避けるなら・・・

    

シェアボタン

最後まで読んで頂きありがとうございました。
記事がお役に立ちましたら、下のボタンをクリックして他の方にシェアして下さい。

            

関連記事はこちら

    

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ