糖尿病の原因になる5つの生活習慣!あなたは大丈夫?

Sponsored Link

糖尿病の予防のためには、自らの生活習慣を振り返って、
良くない習慣を正すことが欠かせません。

今回は、糖尿病の原因になる(かもしれない)生活習慣を
まとめたので、一緒に振り返ってみましょう。
思い当たるものがあった方は、要注意ですよ!

Sponsored Link

1.外食が多い、炭水化物中心の食事をとりがち

よく言われることですが、外食が多い方は食事が乱れがちで、
太りやすくなるために、糖尿病のリスクが高まります。

生姜焼き丼

揚げ物や甘いものが好き、ご飯をおかわりしてしまう、
そんな食いしん坊な方は要注意!

外食はどうしても麺類や粉もの、丼など、炭水化物中心のメニューになりがちです。

とはいえ自炊でも外食と同じ炭水化物ばかりでは意味がありません。
魚や野菜をたくさん食べるように心がけましょう。

CHECK毎日続けることだから!糖尿病の食事で気を付けること

2.食事の時間がバラバラ

仕事が忙しい、お腹があまり空かない、
様々理由で食事の時間が定まらない方も多いと思います。

a0002_008013

食事の時間が定まらないと、体のインスリンを出すペースが崩れます。

だらだら食べて、血糖値が下がる間がないのも問題ですし、
飢餓状態が続いて、食べたものが体脂肪として蓄積されやすくなるのも問題です。

食事の内容と同じくらい、食事の時間も大切に考える必要があります。

3.水分補給はジュースやコーヒー

コーヒーは糖尿病の予防効果があることが発表されたために、
人気になっていますが、砂糖がたっぷり入ったものを飲みすぎるのは危険です。

ジュースを飲む女性

ジュースやコーヒーのような液体は、糖分の吸収がスムーズなため、
血糖値を急激にあげてしまい、インスリンの大量分泌を招きます。

インスリンが多く分泌されると、膵臓は疲れますし、
脂肪の蓄積も促されてしまうため、糖尿病のリスクが高まります。

水代わりに甘いコーヒーやジュースを飲んでいる方は、
水を飲むように心がけましょう。

4.過去に少しでも喫煙していた時期がある

喫煙は糖尿病のリスクを大きく上げてしまいます。

CHECKその一本が命取り!糖尿病の原因になる喫煙

一日に何箱も吸うわけじゃないし、又はもう昔やめたし、
そんな風に思っている方もいるかもしれませんが、
禁煙しても糖尿病のリスクがゼロに戻るわけではありません。

48e35b17713e.jpg

禁煙後5年間は糖尿病の発病リスクが非喫煙者の1.41(男性の場合)
という研究結果もあります。

理由はまだわかっていませんが、禁煙後の体重増加、食事内容の変化、
インスリンを分泌する細胞への影響などが考えられています。

5.歯磨き等のオーラルケアが適当

歯磨きと糖尿病、何の関係があるの?と思われるかもしれませんが、
実は歯周病と糖尿病は相互関係があることがわかっています。

歯磨き男子

糖尿病を患うと歯周病になりやすく、
歯周病を患っていると、糖尿病を発病しやすい、
そんな関係です。

CHECK糖尿病の怖い合併症【口に起きる異常~実は怖い歯周病~】

歯のため、と考えがちな歯磨きですが、
歯周病は糖尿病以外の病気、例えば心筋梗塞などのリスクを上げるともいわれています。

歯周病菌が全身を回って害を起こさないように、
常日頃から歯磨きを丁寧に行って口の中を清潔に保ちましょう。

余談ですが歯磨きは口がすっきりして食べ過ぎの防止にもなるので、
どうしても口さみしくなったときの気分転換にお勧めです。

Sponsored Link

    

その数値マズくない?怖い合併症を避けるなら・・・

    

シェアボタン

最後まで読んで頂きありがとうございました。
記事がお役に立ちましたら、下のボタンをクリックして他の方にシェアして下さい。

            

関連記事はこちら

    

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ