糖尿病に伴ううつ病、その症状と治療法

Sponsored Link

皆さんこんにちは(*^_^*)栄養士の葵です。

今回取り上げるのは、糖尿病の合併症
としての「うつ病」です。

糖尿病を患っていると、うつ病を発症しやすいことが
最近の調査で知られるようになってきました。

詳しくはこちら
糖尿病になるとうつ病になりやすいって本当?

糖尿病と同時にうつ病を発症すると、
互いの病気が、互いの治療の邪魔をしてしまう
悪循環が起こりやすくなります。

同時に発症したときに見られる症状と、
併発ならではの治療について説明したいと思います。

Sponsored Link

糖尿病とうつ病が併発したときの症状

元々うつ病を患っていた方が糖尿病を発症する場合と、
糖尿病の方がうつ病を発症する場合があります。

似た症状もあるため、併発に気が付かないことも。

典型的な糖尿病の症状

ソファの男性

  • 多飲多尿
  • 倦怠感
  • 体重減少

ブドウ糖が吸収されずに尿に排出されてしまうため、
エネルギーが足りない状態が続き、体重が減ったり、
倦怠感を感じたりします。

典型的なうつ病の症状

落ち込む男性

  • 抑うつ(憂鬱な気分が続く)
  • 関心や欲求、楽しみの低下
  • 倦怠感や疲れ
  • 食欲や体重の減少又は増加
  • 不眠(一日中眠たい)
  • 集中力の低下
  • 罪悪感、自殺念慮

自分なんて…と落ち込んでしまったり、
何か焦る気持ちで落ち着かなくなったり、
一日中起きられなくなったりと不安定な状態が続きます。

食欲と体重は人によって減少することもあれば、
過食や偏食によって増加することもあります。

症状が似ている糖尿病とうつ病。バセドウ病にも注意

糖尿病とうつ病が併発すると、
血糖コントロールと合併症が悪化しやすくなり、
心血管疾患のリスクも高まるといわれています。

腕

併発にはなるべく早く気が付きたいところですが、
症状が似ているため、発見が遅れてしまうこともあります。

例えば倦怠感はどちらの病気でも代表的な症状ですし、
体重の減少も糖尿病、うつ病双方でみられます。

これらの症状に多飲多尿が重なるときは糖尿病を、
抑うつ、関心の低下、罪悪感などが重なるときはうつ病を
の発症を疑ってみましょう。

また、バセドウ病のような甲状腺機能亢進症でも、
糖尿病とうつ病を合わせたような症状が現れることがあります。
診断を受けていない方は早めに病院へ。

糖尿病とうつ病が併発したときの治療

糖尿病とうつ病は併発すると、
個別に患うよりも治療が難しくなることがあります。

まずはうつ病の治療から

ストレスを感じる男性

うつ病は糖尿病の治療に大きな悪影響を与えます。

うつ病を患うと、生活が乱れやすい上に、
治療(薬物療法や食事療法)を正しく行う気力を
失ってしまうことも多々あるため、
血糖値が高い状態が続いたり、合併症が悪化したりします。

血糖値をコントロールするための最低限の治療を行いながら、
治療の邪魔をするうつ病を改善するのが最初の目標になります。

糖尿病とうつ病の併発ならではの治療法

現在一般的にうつ病の治療には、SSRIやSNRI、三環系抗うつ薬
などといった「抗うつ剤」というお薬が使われます。

併発でも使うお薬は基本的には同じですが、
三環系抗うつ薬には、血糖値を上げる作用があるため、
SSRIやSNRIが中心になる場合がほとんどです。

薬物療法以外には、認知行動療法も効果的です。
認知行動療法は、認知(=ものの考え方)に働きかけて
患者さんがストレスや困難を抱えない方向へ修正する治療法です。

うつ病の患者さんが抱えがちな「罪悪感」や「悲観的な考え」
をプラスな考えに変換する力を身に着けるのにとても役立ちます。

うつ病の認知療法・認知行動療法(患者さん向け資料)

治療がうまくいけば徐々に糖尿病の治療にも
しっかりと身が入るようになり、結果的に
血糖値のコントロールも良好になることが期待できます。

最後に

草原の親子

うつ病と糖尿病、互いに悪影響を与えあうこの二つの病気は
併発してしまうと人生を一気に奈落の底に突き落としてしまう
ような強烈な破壊力を持っています。

治療を少しでも楽にするためのポイントは、早期発見!

どちらかの病気を患っているとき、
普段感じない症状が現れたらまずはかかりつけ医で相談しましょう。

Sponsored Link

    

その数値マズくない?怖い合併症を避けるなら・・・

    

シェアボタン

最後まで読んで頂きありがとうございました。
記事がお役に立ちましたら、下のボタンをクリックして他の方にシェアして下さい。

            

関連記事はこちら

    

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ