痩せ型は糖尿病にならないは嘘?痩せ型の糖尿病の原因

Sponsored Link

糖尿病の患者といえば、
いわゆるメタボ体型を思い浮かべる方も多いと思います。

ですが、必ずしも肥満=糖尿病でも、
糖尿病=肥満でもありません。

今回は痩せと糖尿病の関係についてまとめました。

Sponsored Link

肥満体型のおじさんさて、みなさんが糖尿病といって思い浮かぶのは、
やはり右のイラストのような体系ではないでしょうか。

確かに肥満と糖尿病は密接に関係しています。

脂肪はインスリンの働きを悪くしてしまうので、
膵臓に負担がかかり、糖尿病へとつながります。

CHECK肥満が原因で糖尿病に。糖尿病治療中の減量について

ですが、実は必ずしも糖尿病の患者さんは
このかわいらしいイラストのようにまるまると
太っているとは限りません。

中には標準体重以下の体重の方も…!

糖尿病が悪化すると痩せてしまう

痩せは糖尿病の症状の一つです

特に一型糖尿病のように急激に発症、悪化した患者の方は、
痩せていることが多々あります。

インスリンが極端に不足したり、抵抗性が高くなっているとき、
食べた糖分は体に吸収することができず、尿中に流れ出してしまいます。

ソファの男性

体は糖分をエネルギーとして利用することができなくなります。

激しいだるさを訴えるのもこのためです。

糖分が使えなくなると、体は脂肪や筋肉を分解して、
ケトン体という代替エネルギーを作り出すのですが、
筋肉や脂肪が分解されると当然体重も著しく減少してしまうのです。

急激な体重減少は、糖尿病が相当進行していることを表しています。
死に至る危険性もあるので、大至急医療機関の受診が必要です。

痩せていても発症する糖尿病

見た目が痩せていても、実は内臓脂肪がたっぷりついている、
いわゆる「隠れ肥満」が問題になっています。

一時期テレビでも頻繁に特集が組まれていたので、
ご存知の方もいるかもしれません。

baea778b3dbf.jpg

糖尿病のリスクを上げるのは皮下脂肪<内臓脂肪です。
一見痩せているように見えていても、皮下脂肪が少なくても、
内臓脂肪が多くついている人は、太っている人と同じように、
糖尿病を発症するリスクがあります。

ジュースの飲み過ぎで子供にも起きる糖尿病

また、ペットボトル症候群といって、
単純な「糖分の摂り過ぎ」によって起きる、
急激な糖尿病の存在も知られるようになってきました。

コンビニや自動販売機で手軽にジュースが手に入るようになったことで、
広がりつつある糖尿病です。

ジュースを飲む女性

喉が渇く→ジュースを飲む→高血糖で喉が渇く→ジュースを飲む
このような悪循環によって、高血糖状態が続いてしまい、
まるで一型糖尿病のような症状があらわれます。

ペットボトル症候群は、肥満の度合いに関係なく、
体の許容量を超えた糖分を摂り続けることによって、
誰にでも起きる可能性があります。

まとめ

痩せているからといって油断は禁物です。

誰にでもなる可能性がある糖尿病なので、
早いうちから意識して予防するように心がけてください。

最近では、薬局や、献血でも、血糖値の状態を調べることができます。
興味がある方は是非、このサイト内の他の記事も読んでみてください。

Sponsored Link

    

その数値マズくない?怖い合併症を避けるなら・・・

    

シェアボタン

最後まで読んで頂きありがとうございました。
記事がお役に立ちましたら、下のボタンをクリックして他の方にシェアして下さい。

            

関連記事はこちら

    

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ