もっと食べられる!糖尿病を予防する「お菓子との上手な付き合い方」

Sponsored Link

お菓子を食べ過ぎると糖尿病になる。
糖尿病になったらもうお菓子は食べられない。
そう思っていませんか?

 

このページでは…

・お菓子が糖尿病のリスクを高める理由
・食べても大丈夫!お菓子の選び方~低GIの話~
・どうしてもお菓子を食べたいときのベストタイミング

について書いています。

上手なお菓子の選び方と食べ方を知れば、
今よりもっと健康的にお菓子を食べることができます!

Sponsored Link

お菓子が糖尿病のリスクを高める理由

MMK_settingsaretacake500 (1)お菓子やジュースを飲み食いしている人を
見て「糖尿病になるよ」という人がいます。
なぜお菓子を食べると糖尿病になる、と言われるのでしょうか?

お菓子と言って思い浮かぶのは、
ケーキや和菓子、スナック菓子、チョコレートなどでしょうか?

これらは主に糖質(炭水化物)と脂質でできています。

 

血糖値が急激に上昇して膵臓に負担がかかる

糖分を多く含んだものを食べると、血糖値が急激に上昇します。
急激に血糖値が上昇すると体内ではそれを下げるために大量のインスリンが分泌され、
そのインスリンを分泌する膵臓に負担がかかってしまいます。
さらにインスリンの分泌は脂肪を溜める働きもあります。

この状態を繰り返すと徐々に膵臓が悲鳴を上げ始め、
インスリンの分泌量が減り、血糖値を十分に下げられず糖尿病になってしまいます。

カロリーのとりすぎは肥満の原因に

脂質糖質問わずカロリーの高いものを食べ過ぎると、
摂取したカロリーが消費カロリーを上回り、体に脂肪として蓄積されてしまいます。
脂肪(特に内臓脂肪)が増えすぎて肥満になると、
せっかく分泌されたインスリンが効きずらい状態になってしまいます。

インスリンが効効きにくいと当然血糖値も下がりにくくなりますし、
より頑張ってインスリンの分泌量を増やしてしまう膵臓にも負担がかかります。

食べても大丈夫!お菓子の選び方~低GIの話~

糖尿病を予防しながらお菓子を楽しみたい方には、
低カロリーやカロリーゼロのお菓子と低GI食品が役に立ちます。

低カロリー&低糖質の食品では、ゼロキロカロリーのゼリーや、
人工甘味料で甘みを付けたプレーンヨーグルトがお勧めです。

GIとは、Glycemic Indexの略で、その食品の食後血糖値の上昇度を示します。
数値が高ければ食後血糖値が急激に上がりやすく、
逆に低ければ食後血糖値の上昇が緩やかになります。

 

低GI食品でお勧めはイチゴやラズベリー、ナッツ類、
市販品ではソイジョイなどが有名です。

ただし、低GIでもカロリーはあるので、食べ過ぎには注意しましょう。

なるべく糖質やカロリーが少ないもの、なるべくGI値が低いものを選び、
ジャンキーなものを食べるときは量を加減することが、
糖尿病を遠ざけるお菓子の選び方です。

どうしてもお菓子を食べたいときのベストタイミング

PPP_amasounado-nattu500うしてもケーキやポテトチップス、
チョコレートが食べたくなることもあると思います。
我慢のしすぎでストレスを溜めてしまうのも体に悪いので、
どうせ食べるならこのタイミングで!
というベストタイミングをご紹介します。

大阪府立大学で行われ多研究によると、
ビスケットを食べて血糖値の上昇を調べた結果、
昼食後に食べたときに比べて、午後三時に食べたとき方が
血糖値の上昇が緩やかだったそうです。

 

食べずに我慢できるのなら我慢して、
どうしても我慢できないときは
午後三時の「おやつの時間」に食べて
少しでも糖尿病を防ぐような食べ方をしましょう!

 

【追記】

通販で買える低カロリーおやつをまとめました!

CHECK糖尿病向け通販で買えるおやつ3選!食べごたえ満点!

Sponsored Link

    

その数値マズくない?怖い合併症を避けるなら・・・

    

シェアボタン

最後まで読んで頂きありがとうございました。
記事がお役に立ちましたら、下のボタンをクリックして他の方にシェアして下さい。

            

関連記事はこちら

    

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ